栄養管理室

基本理念

患者さまの立場から考える栄養管理

栄養管理はすべての疾患治療の基本であるといわれています。患者さんの栄養状態を良好に保つことは、疾病治癒の早期改善につながり、近年、栄養管理の重要性はますます注目されるようになりました。

殊に口から食物を摂るという行為は身体的精神的満足感だけでなく、味、香りなど五感を刺激し治療効果の向上につながります。栄養管理室では『安全で患者満足度の高い栄養管理の実施』を基本方針とし、呼吸器疾患等で、多くを食べることができない方、食物アレルギーで食物除去が必要な方など、入院患者さんひとりひとりの病状に応じた食事を提供しています。

また、療養生活に潤いをもたせるため、食事に関する種々のイベントも行っています。また、すべての入院患者さんに対し、個々の栄養管理計画に基づき、栄養管理を行っています。医師・歯科医師をはじめ、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士等、各部門と連携し、多職種協同による栄養管理、診療支援を行います。

さらに、小児食物アレルギー教室をはじめ、入院・外来の患者さんに対し、個別に栄養食事相談を行うなど、皆さまの栄養・食事管理のお役に立てるよう、アドバイスを行っています。


入院中のお食事について

適時適温のお食事

温かいお料理は温かいまま、冷たいものは冷たいまま召し上がって頂けるよう保温保冷配膳車を使用し、お食事を提供します。

(朝食) 7:45 (昼食) 12:00 (夕食) 18:00

各病棟には食堂を設けており、自由にご利用頂けます。

食堂食堂

お食事の内容

当院では成分栄養管理を行っており、個人の病状にあったお食事を提供します。

お食事の種類

当院では約80種類の食事を準備しています。特に食物アレルギー除去食については、主治医の指示に基づき、いかなる内容にも対応しています。

一般治療食 常食・小児食・幼児食
軟菜食(分粥)・流動食
特別治療食 エネルギーコントロール食・たんぱく塩分コントロール食・減塩食・呼吸器食・化学療法食・貧血食・摂食嚥下訓練食・多種食物アレルギー食・アレルギー離乳食他
重心食 重心軟菜食・重心特別食・重心訓練食他

行事食について

当院では季節感のある食事を心がけており、暦に合わせた行事食も提供しています。
お正月・成人の日・節分・ひなまつり・お彼岸・こどもの日・七夕・お盆・敬老の日・クリスマス・年越し等。

「八十八夜」には新茶を、春・秋のお彼岸には手作りのぼたもち、おはぎを提供しています。

元日の「祝い折」をはじめとして、春には「お花見弁当」初夏には「皐月弁当」秋には「萩御膳」など、四季折々の季節弁当を提供しています。

また、ほぼ毎月、1個病棟単位で病棟バイキングを実施しています。


季節弁当

元日祝い折 元日祝い折

お花見弁当 お花見弁当

皐月弁当 皐月弁当

秋の萩御膳 秋の萩御膳

病棟バイキングの一例

バイキングバイキング


重症心身障害の方の栄養管理について

患者さんそれぞれに必要な栄養量、摂食嚥下機能に応じた食形態で、バラエティー豊かな食事を提供しています。また、さまざまな行事にあわせた行事食も提供しています。在宅支援棟においても季節の行事食やデザートバイキングなどを行っています。

患者さんの栄養管理を総合的に行うために、歯科医師や理学療法士らと定期的に摂食嚥下ラウンドを行っています。さらに、運動療法指導士らと協同して定期的な身体計測等を行い、患者さんの栄養状態をチェックしています。

デザートバイキングの一例

デザートバイキング

デザートバイキング

クリスマスパーティ

クリスマスパーティ

クリスマスパーティ


栄養食事相談

生活習慣病や食物アレルギーなど、病気と食事は深いかかわりがあります。過栄養の方には適正な栄養を、低栄養の方には効果的な栄養補給の方法を、食物除去の方には除去食の工夫を、患者さんひとりひとりにあわせた栄養食事の相談をおこなっています。

また、入院小児食物負荷試験には、管理栄養士も加わり、除去食及び、解除となった食品等について細かなアドバイスを行っています。退院時には、おうちに戻られてからの食事の工夫についてなど、必要に応じてご助言しています。

◦ 個人栄養食事相談

◦ 退院時栄養食事相談

管理栄養士


小児食物アレルギー教室

当院では、お子様に食物アレルギーがあり日常の献立に悩んでおられるご家族のために、専門医、その他関係スタッフ協同で小児食物アレルギー教室を開講しています。

教室では食物アレルギーに関する最新の知識の提供と共に、アレルゲンを除去したアレルギー食の講習・試食を行っています。

多種食物除去のおやつ多種食物除去のおやつ例

クリスマスメニュークリスマスメニューの一例


NST活動について

当院の管理栄養士4名は福岡病院栄養サポートチーム(NST)のコアスタッフとして活動しており、入院患者さんの栄養サポートを行っています。

 

非常食について

当院では事故、災害等不測の事態に備え、「非常食」を備蓄しています。

非常食には火や水を用いた調理作業を要せずに簡便に食べることができ、長期間保存がきく食品を選んでいます。

当院の非常食

かゆ(白・卵・紅鮭)、フルーツ缶(白桃・ミカン)、レトルトカレー、シーチキン缶、クラッカー、チキンシチュー、マカロニチリソース、備蓄チーズ、リンゴジュース、ポカリスエット、保存水