患者様のご紹介

患者様をご紹介いただく場合

外来受診

ご紹介患者様の外来受付時間は8:30~10:30までとなっております。

紹介状(診療情報提供書)をご持参のうえ、直接、病院の受付窓口までお越し下さい。

ただし、小児科のみ午前の診察受付時間は8:30~10:30まで、午後の診察受付時間は10:30~15:00までとなっております。

紹介患者様に関する情報

ご紹介患者様が受診・入院された場合、ご紹介いただいた先生方に、FAXにてご連絡します。詳細については、後日担当医からのご報告・診療情報提供書を郵送、または患者様にご持参していただきます。

入院

入院希望の際は、地域医療連携室に直接お電話下さい。連携室スタッフがお話を伺い、入院の調整を行います。緊急時は、医師がお話を伺います。

当院専用の診療情報提供書

初診・再来新患(呼吸器科)の患者さんに限り、事前にFAXをお送りいただければ診療が優先されます。

FAX : 092-566-6910

お問合せ

国立病院機構 福岡病院 地域医療連携室

〒811-1394 福岡市南区屋形原4丁目39-1

TEL: 092-566-6904 (直通) / 092-565-5534 (代表)

FAX: 092-566-6910 (直通) / 092-566-0702 (代表)

E-Mail : renkei@mfukuoka2.hosp.go.jp

月曜~金曜 8:30~17:00
※FAXは、終日ご送付いただいて結構です。お返事はご利用時間内に行いますので、ご了承下さい。

各診療科より

呼吸器内科

気管支喘息では、肺機能検査やアレルギー関連検査のみならず、必要に応じて気道過敏性検査(アストグラフ)や呼気NO濃度などの検査も行って診断に役立てています。治療に関しては、急性期の発作治療は勿論、長期管理にも力を入れています。クリティカルパスを用いた喘息の教育入院(3泊4日)も行っています。発作治療は時間外も対応します。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、疾患の重症度に応じた治療を施行し、禁煙を援助します。1週間の入院でCOPDの評価が可能で、呼吸リハビリも指導しています。

 

アレルギー科

当院のアレルギー科(内科系)は呼吸器科が由来で、気管支喘息患者が最も多くなっており、年間の新患者数が約3000名となっています。

皮膚科、耳鼻咽喉科、心療内科との連携で呼吸器のみでなく全身的な視点から診察する体制を整えており、気管支喘息悪化の症状が安定し自己管理が可能になったら近医に紹介し病診連携を図っています。

アスピリン喘息、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)などの重症例、喘息に関連した治験にも積極的に取り組んでいます。

日常検査(新患)

問診、新患時検査(スパイログラム・フローボリウム曲線・β刺激薬吸入負荷検査ほか)、皮膚検査(プリックテスト)

日常検査(要予約)

気道過敏性検査(アストグラフによるメサコリン吸入試験)、誘発痰検査(呼気中NO、アセチルコリン吸入による標準法の気道過敏性検査、3%食塩水吸入による誘発痰検査・喀痰の細胞同定検査)、カプサイシン吸入試験(喘息児やシックハウス症候群など対象の咳閾値検査)

入院診療

気管支喘息(発作治療・教育指導、肺気腫(COPD)合併、結核後遺症や他の呼吸器疾患合併例にも対応)、食物アレルギー負荷検査、食物依存性運動誘発アナフィラキシー検査、薬剤アレルギー検査、運動誘発アナフィラキシー(蕁麻疹)

 

小児科

疾患はアレルギー・呼吸器疾患を中心とし、日本アレルギー学会の小児科の研修指定施設でもあり、専門医の研修の希望も受け入れています。西日本小児アレルギー研究会の運営もしています。国際的喘息・アレルギー疾患調査(International study of asthma and allergies in childhood:ISAAC)の日本担当施設でもあります。

喘息・アレルギー疾患治療の普及にも力を入れ、西日本11県の喘息・アレルギー疾患の学童調査を10年間隔で3回同一地域、同一方法で行っています。また、福岡市の6小学校のアレルギー調査を毎年実施し説明会を行っています。喘息患者さん対象の水泳教室、喘息・アトピー性皮膚炎・食物アレルギーの小学生対象の福岡病院サマーキャンプを毎年実施しています。食物アレルギー教室では食物アレルギーの患者・家族対象の講義と調理教室を行っています。また、予防接種のセンターにもなっています。重症心身障害児・者に関しても日本での中心的な役割を担っています。子供のメタボリック症候群についても、水泳を取り入れたトレーニング入院を夏休みの2週間から1か月間行い、成果を挙げています。

また、重症な喘息やアレルギー疾患の患児に対しては付設の病弱児対象の福岡市立屋形原特別支援学校に通学でき、学力を補償しながら適切な治療を行うことができます。

2012年から午後予約外来を開始しており、土曜午前中も検査とレントゲンを行えるようにしています。上記の適応のある患者さんがいましたら、ご連絡をお待ちしています。

当院でのアトピー性皮膚炎 検査教育入院の効果

(2011年・小児科学会発表)

対象疾患

気管支喘息、乳幼児喘息、食物アレルギー、食物依存性運動誘発アナフィラキシー、アトピー性皮膚炎、小児科アトピー性皮膚炎、慢性呼吸不全、間質性肺炎、副鼻腔気管支症候群、睡眠時無呼吸症候群、肥満、ワクチン外来、感染症全般(重症心身障害児(者))

 

CT外来でのCT共同利用について

当院では、高性能なマルチスライスCTを導入しており、病診連携による外部利用が可能となっています。