花粉情報・リンク

花粉情報

わが国の花粉症の歴史

1960、1961年の2年にわたり、荒木英斉先生は東京地区の空中花粉の季節的な変動を調べ、次ぎにヒトの身体への感作程度をみるため花粉抽出液による皮内反応を施行し、ブタクサ花粉による花粉症の1例を報告しました。

以後、欧米と異なり花粉症(欧米では枯草熱という)の概念のなかったわが国の空中花粉と花粉症に関する研究が急速に進歩しました。

1964年(学会発表は1963年です)、堀口申作・斉藤洋三先生により日光市のスギ花粉症が報告されて以来、1970年代にかけて多く種類の花粉症症例が相次いで報告されました。

わが国の空中花粉による花粉症は昭和30~40年代の関東地方のブタクサ花粉症が代表的でしたが、除草対策や宅地造成とともにスギ花粉症に代わるように減少していきました。

昭和50~60年代の全国の疫学調査では頻度が高い順に、2~4月に増悪するスギ花粉症、初夏のイネ科花粉症、秋のヨモギ花粉症、ブタクサ花粉症、カナムグラ花粉は各地で捕集されていますが、ごくわずかであり明らかな花粉症発症は非常に少ないようです。スギ花粉症の頻度が最も多く、現在でも次第に増加しています。

北海道のカバノキ科シラカンバ属、近畿地方のカバノキ科ハンノキ属による花粉症のほか、岡山県におけるヒノキ科ネズ属、長崎県のイラクサ科カラムシによる感作や花粉症発症など、スギ・ヒノキ科以外の花粉による地域性の強い花粉症も再び注目されはじめています。


花粉の飛散情報

国内の代表的な花粉症(空中花粉)
地 方 花粉症 報告者 報告年
北海道 ヨモギ花粉症 我妻ら 1969年
シラカンバ花粉症 我妻ら 1972年
本 州 ブタクサ花粉症 荒木 1961年
日光スギ花粉症 斉藤ら 1964年
カモガヤ花粉症 杉田 1964年
ケンタッキー31フェスタ花粉症 舘野 1971年
ケヤキ花粉症 清水 1974年
オオバヤシャブシ花粉症 中原 1989年
ネズ花粉症 1994年
ヒノキ花粉症 芦田 1994年
九州 カラムシ花粉症 浅井 1972年
花粉の飛散時期
花粉 シーズン
スギ 2月初~3月半ば
11~12月
ヒノキ科 3月半ば~4月上旬
イネ科 3月末~6月
7月下旬~10月上旬
ヨモギ属 8月下旬~10月下旬
ブタクサ属 9月中旬~10月下旬
カナムグラ 9月下旬~10月下旬
九州各県 花粉情報

現在の飛散状況は右のリンクで確認できます。
この飛散情報は、当院で更新しています。


リンク

国立病院機構本部
国立病院機構 九州グループ
南区医師会
社団法人日本アレルギー学会
ホットの会
財団法人 日本アレルギー協会・九州支部
いびき外来
日本小児アレルギー学会
日本呼吸器学会
談合情報通報受付窓口
九州大学病院関連病院長会議