外科

当科の特長

主に、呼吸器外科と肺がんの治療を行っています。

呼吸器外科

近年、患者さんへの侵襲を少なくする胸腔鏡下手術が各所で行われていますが、当院でも導入後約20年を経過し症例数も700例を超えていて、肺がんにも応用しています。

また、慢性肺気腫患者に対してそのQOLを改善する目的の肺減量手術も行っています。

肺がん

肺がんの診断から治療まで、肺がん検診

可能な検査

ヘリカルCT、検医学検査、気管支鏡検査、超音波検査、胸腔鏡、縦隔鏡、胃内視鏡、レーザー治療など

対象疾患

以下のような外科的処置が必要になる呼吸器外科疾患を対象としています。

  • ◦ 肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍
  • ◦ 肺膿瘍、膿胸などの炎症性疾患
  • ◦ 自然気胸をはじめとする嚢胞性肺疾患

外来担当表

呼吸器外科
午前受付:8:30~11:00
午後受付:11:00~15:00
区分
午前   上田
(新患)
  上田
(新患)
   
午後   上田
北原
  上田
北原
   

肺がん外来

肺がん死亡は年間6‐7万人を占めており、早期発見、早期治療が望まれる疾患です。当院では肺がんの診断治療にさらに力を注ぐべく肺がん外来を開設しました。

当院は福岡県肺がん検診精密検査実施医療機関、肺がん検診再精密検査実施医療機関でもあります。診断のためのCTはもとより気管支鏡検査も常時行っており、十分な精密検査に対応できます。

さらに当院では診断だけではなく、薬物治療を含めた内科治療、手術治療もガイドラインを尊重し行っております。また、当院は呼吸器専門病院であった経緯から呼吸器疾患合併の肺癌患者も多く診てきており、その対応経験は豊富で、外科・内科医師が協力して診療しています。

検診レントゲンで異常を指摘された方、肺癌の治療が必要な方などご来院ください。なお、セカンドオピニオンについては、地域医療連携室へご連絡ください。

肺がん外来

毎週火曜・木曜 午前(予約は必要ありません)

肺がん検診

毎週火曜・木曜 午後

担当医一覧

上田 仁

ueda hitoshi

外科医長

呼吸器外科 (1981年卒)

日本胸部外科学会指導医
日本外科学会指導医・専門医
日本呼吸器外科学会指導医・専門医
日本がん治療学会認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医

コメントなし

北原 大和

kitahara hirokazu

外科医師

外科 (2009年卒)

日本外科学会専門医

  

  

  

コメントなし

上妻 由佳

kouzuma yuka

外科医師

外科 (2011年卒)

日本外科学会専門医

コメントなし