教育体制

共に成長できる看護の喜びを感じられる病院

教育担当師長

福岡病院は、プリセプターを中心に病院全体で新人看護師を支える体制を整えています。
新人看護師が1日でも早く社会生活や職場に適応できるよう、看護師長・副師長を始め、先輩看護師全員が全力でサポートしています。

就職したばかりの1年間は、学生時代との違いに戸惑ったり不安もあると思いますが、プリセプターや先輩看護師が、新人看護師を思いやりの心で温かく見守っています。
みんなで、たくさんの思いや看護を語り合い、一緒に成長していきましょう。

教育の現況

当院における看護職員の教育体系は、看護職及び療養介助職が主体的に学習し、それぞれが経験を重ねる中で目指す看護や介護に向かってステップアップしていくことができるよう構築されています。

国立病院機構が求める看護師像である「高い倫理観に基づいて理論と技術を持って、実践し、看護を創造する看護師」を育成する国立病院機構看護職員能力開発プログラムに沿って、集合教育と職場内教育を通じて段階的に学んでいきます。

レベルⅠは卒後1年目を対象としたコースで、職場への早期適応・基礎看護技術の習得・社会人として基礎力の向上を学びます。レベルⅡ・Ⅲは卒後2年目から3年目を対象としたコースで、主治看護師としての自立、メンバーシップ・リーダーシップの取り組みを通して、チーム医療における役割を習得することができます。レベルⅣでは、看護の専門性を深めるとともに、組織のリーダー育成と教育的資質も高めていきます。

より専門性を高めるコースとして、当院の特殊性をふまえ、「呼吸器看護」「小児看護」「重症心身障害看護」、研究的資質の向上を目指す「研究コース」、医療機関と在宅の連携を強化した「地域連携・在宅支援者養成コース」があります。自己啓発・研鑽を重ねながら看護の質の向上を目指しています。

また、更なるキャリアアップを目指して病院外の研修として、看護管理者、看護教育者、専門看護師、認定看護師への道を選択し学んでいくことができます。

重症心身障がい児(者) 看護エキスパートナース研修

当院では毎年度、国立病院機構九州グループの重症心身障がい児(者)病棟を持つ施設から研修生を迎え、「重症心身障がい児(者) 看護エキスパートナース研修」を開催しています。

この研修は、重症心身障がい児(者)医療の歴史・動向や、重症心身障がい児(者)の特徴をふまえ、専門的な看護実践者に求められる知識・技術・態度の習得を目指すものです。

研修生は、講義・実習・グループワークにおいて意欲的に活動し、重症心身障がい児(者)医療の動向や法律、看護の基本をあらためて学び、多くの施設での現状と課題、思いを共有したり、専門職としての自身の課題を明確にして、エキスパートナースとしての自信や意欲につながる研修を実施しています。