看護師紹介

私たちが目指す看護

患者家族に信頼される看護者、生涯成長し続ける専門職者として

私たちは、患者・家族に信頼される看護を目指しています

nurse1

 

新人看護師より

1病棟 2年目看護師

患者や家族にとって看護師は一番傍に寄り添うことができる存在です。
寄り添い、不安な気持ちを聞き、一つ一つ丁寧に応えていくことで不安な気持ちが少しでもなくなり、納得して治療や処置を受けることができると思います。 しかし、時折自分に余裕が持てない時に患者・家族の立場に立って考えることができていないと感じる時があります。
そのため自己学習を通して一つ一つの看護の根拠を理解し少しでも自分に余裕を持って行動できるようになりたいと思います。

 

2病棟 2年目看護師

私の目指す看護師像は患者をあらゆる視点でとらえて日頃から言語的・非言語的コミュニケーションをとり、傾聴した患者の思いを多職種と共有して、より安全・安楽に看護をする看護師です。 患者を深く理解するため、看護に必要な知識技術を向上すること、患者や家族、医療関係者とのコミュニケーションを図ろうとする自主性・積極的な態度をもっと高めていきたいと思います。

 

3病棟 2年目看護師

私が目指す看護は、『患者がその人らしい生活が送れるように患者のニードに寄り添う看護』です。 受け持ち患者さんを持つようになって関わる時間が多くなり「患者のために」と必死で考えるようになりましたが、振り返ると本当に私はその患者さんに応じた看護ができていたのか、知識・経験の多い先輩たちに積極的に相談していただろうかと思うようになりました。 患者さんの安全・安楽、状況に応じた対応、信頼を得るために知識・技術を身につけ、状況に応じた先輩たちの行動を観察し、自信をもって援助ができる看護師として成長していきたいと思います。

 

6病棟 2年目看護師

以前は、退院することが患者のゴールだと考えていましたが、受け持ち患者さんとの関わりを通して退院後の生活に不安を抱えている患者や家族が多く、患者や家族にとって退院がゴールになるとは限らないと学びました。 これからは患者や家族が退院後も不安なく生活できるよう、入院中に不安や悩みを軽減できるよう、他のメディカルスタッフへのアプローチや情報共有をしながら退院支援をしていきたいと思います。

nurse3

 

プリセプター(新人教育担当)として新人看護師の成長をとおして考えたこと

2病棟 プリセプター

1年間お疲れ様でした。就職したばかりの4月は緊張と不安でいっぱいで患者さんに接していた表情が今でも思い出されます。 今では業務にも慣れてきて、できることもたくさん増えて患者さんと素直に笑顔で接する姿をみて成長を感じうれしく思います。まだまだ不安でいっぱいみたいですが、確実に成長していると私は感じています。同じ看護師として初心を忘れずにこれからも日々精進していきましょう。これからもよろしくお願いします。

 

3病棟 プリセプター

社会人1年目、それも人の命とかかわる職業について、日々いろいろな不安があったと思います。その中で、患者に笑顔で対応しようと頑張っている姿はとても素晴らしく、人としての温かみを感じます。 後輩は先輩の背中をみて育つものだと思っています。
私もみなさんに見せて恥ずかしくない背中を持とうと思います。
この1年間はみなさんだけではなく私自身も成長させてもらいました。ありがとう。 まだまだ看護師としての人生は長く、苦しい時期もあるかもしれません。そんな時こそ笑顔を忘れずにあなたの考える看護師像を目指してください。
出来る限り私たちも手助けします。そんなあなたを見て私も初心を忘れずにいられると思います。
これからもよろしく!

 

4病棟 プリセプター

1年間お疲れさまです。入職時には多くの看護技術や知識を習得するために、自主的に練習し、少しでも職場や業務に慣れようと遅くまでがんばっていましたね。
自分自身も質問されると分からない事があり頼りなく迷惑をかけました。私自身、患者さんの訴えに耳を傾け、患者さんと向き合う姿を見て、再度気付かされることもありました。 患者さんを受け持つようになり、個別的な看護に取り組む姿がみられ嬉しく思います。お互いに成長できるよう今後もがんばりましょう。

 

専門・認定看護師紹介

専門・認定看護師紹介

専門看護師は、専門分野の知識と技術をもって水準の高い看護ケアを提供するために、患者さんに関わる医療者と共に看護ケアを実践しています。

小児看護専門看護師

当院の看護外来では、子ども達にその存在を知ってもらうため、小児看護専門看護師がカラフルなユニフォームを着て活動しており、治療を続けながら生活している子ども達がその子らしい健康な生活と成長発達を遂げるために支援しています。
患者さんが病気を理解して治療に取り組むことや自己決定ができる環境を整えること、ときには地域に出向いて患者さんの体調や医療ケアに合わせた生活が出来るように学校などと連携を図ることもあります。
また、病棟看護師や医療に関連する様々な職種の方との連携や相談に対応して、入院環境や退院を支援しています。

 

皮膚排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師として主に創傷、ストーマ、失禁に関する問題のアセスメントを行い、ケースに応じたケアを提案し実践しています。
主な役割は、褥瘡の発生予防や早期治癒に向けた定期的なラウンド及び、気管カニューレ紐やNPPVマスク、胃瘻チューブに伴う医療機器関連の圧迫創のケアの評価等があります。
また臨床のケアの質を向上させるために、褥瘡予防リンクナースの学習会を毎月実施し、退院カンファレンスなどで地域に向けた支援を行っています。

 

慢性呼吸器疾患認定看護師

慢性呼吸器疾患を抱える患者さんとご家族に対し、呼吸機能評価や呼吸管理を行うと共に、病状の悪化予防、社会復帰に向けた呼吸リハビリテーションなどを支援しています。
RST(呼吸ケアサポートチーム)を中心に、人工呼吸器管理をされている患者さんへのラウンド、呼吸ケア実践の中で困ったこと、分からない事などの解決を一緒に考えています。
また、患者さんには日常生活での呼吸方法の指導行い、少しでも安楽に過ごせるよう支援しています。
健康な人であれば普段何気なく行っている「呼吸」について、慢性呼吸器疾患看護認定看護師として「呼吸」に対する正しい知識・技術を皆様と一緒に地域社会へと情報発信し、「息苦しさ」に悩み苦しむ人が少しでも減って、楽に「呼吸」を行えるよう支援を推進したいと考えています。

 

小児アレルギーエデュケーター

アレルギー疾患を持つ子ども達が、入院中はもちろん退院後の生活でもその子らしい健康な生活をおくり、すこやかに成長できるよう、医師・看護師・栄養士・薬剤師・理学療法士・心理療法士など多くのスタッフと連携し、患者さんとそのご家族への教育支援を行います。
喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどの小児アレルギー疾患を総合的に捉え、医師による診断・治療方針決定後に、薬の効果や使い方・症状の見分け方・救急受診のタイミングなどを実際の生活にそってお話し、患者さんやご家族が病気を理解して治療に前向きに取り組めるよう指導したり、治療環境を整えて、園や学校での集団生活がスムーズに行えるよう関わっています。
当院では、小児病棟・外来をはじめとして、アレルギー児対象サマーキャンプ、喘息児対象水泳教室、食物アレルギー教室、小学校のアレルギー疾患調査などで活躍しており、地域に出向いた活動や効果的な支援を行うための調査にも取り組んでいます。

 

3学会合同呼吸療法認定士

呼吸療法を習熟し、呼吸療法、吸入療法、呼吸理学療法及び人工呼吸器の管理を行いながら、呼吸が上手にできない患者さんに対し、楽に呼吸ができるよう支援しています。